最近のトラックバック

リンク

2017年5月 4日 (木)

GWはやみいさん+αと共に(2017年5月4日釣行)

2017_05_04_001
やみいさんから何度か釣行のお誘いをいただいたものの
悪天候に阻まれておりましたが、今回、やっとご一緒できました。happy02
場所は忍路からの船渡しによる磯場。
集合場所に着くと、やみいさんと初めまして。happy01
それと、なんと、前回せたなの先端にいらっしゃったのりぞーさんも。
挨拶もそこそこに船に乗り込み、磯場へ。
磯場へ着くと、やみいさんのご配慮により足場のよい磯場へ。
まだ、薄暗い中、実釣開始。

2017_05_04_002
朝日の中のやみいさん。
ん!なんか、カッコいいぞ!happy02

2017_05_04_003

右隣はのりぞーさん。
立ちこみ三脚で決めてます。
で、やみいさんのアドバスをもとにキャストすると、開始早々からあたりが!happy02
これもやみいさんアドバイスのもと手前30M前後の根掛かりに注意しながら
巻き上げると・・・

2017_05_04_004_2
マガレイのダブル!!!happy01
すごいぞ!やみいさんアドバイス!
で、右隣ののりぞーさんもσ(^^)を上回るペースであたりとマガレイをゲット!
あたりは頻繁にあり、前回の古平沖で釣ったカレイより良型。v(^^)
やみいさん、お誘いありがとうございます。(^人^)感謝♪
なかには。。。

2017_05_04_005なかなかのマガレイ!
2017_05_04_006なかなかのアブラコ(アイナメ)
σ(^^)の釣り座からはアブラコが頻繁にかかり、これが悩みの種に。
そう、アブラコがつくと仕掛けが絡まる。他の竿のラインと絡まる。
おまけにちょっと対応が遅れると、根に潜られる等々。
おかげでライン+仕掛けを何度もロスト。weep
途中、何度かやみいさん、のりぞーさんとお話をさせていただき、
釣りにプラスして楽しい時間が過ごせました。happy02
のりぞーさんは、また、せたな沖防波堤釣行を計画しているらしい。。。
やみいさんは、奥尻!。。。うらやましい気が。。。coldsweats01

2017_05_04_007_2のりぞーさんの釣果!お見事!パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ
2017_05_04_008
で、σ(^^)の釣果。
マガレイ20枚。アブラコ(アイナメ)1。ホッケ1の釣果でございました。
やみいさん情報によると、先週も強風の中、釣果が良かったらしい。
今回、入釣した場所もそのデータに基づいての事。
釣果だけではなく、いろいろ楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
やみいさん、のりぞーさん。また、ご一緒させてください。m(_ _)m

2017年5月 1日 (月)

初の古平沖カレイ

2017_05_001_2
GWの前、宝進丸船長の奥様より、「カレイ釣り行きませんか。」
との入電。
平日ではありますが、二つ返事で「行きます!」(釣りバカですね。coldsweats01
古平沖でのカレイ釣りは初体験なので、期待がふくらみます。
2017_05_002_3
午前5時半過ぎに古平港を出港し、一路余市側へ。
2017_05_003_2船長がシーアンカーを下し、ろうそく岩沖で資源調査開始であります。
2017_05_004_2今回も登場!DRH(ドコデモロッドホルダー)
ですが、気付いたら皆さん電動リール。
んんん?なんで???
という疑問はすぐに消え去りました。ポイントの水深は40M...(^^;
どうりで。。。

天気予報では悪くなかったはずですが、波および雨。
おまけに。。。50号の錘が流されるという、潮の速さ。。。gawk
カレイ釣りの条件としては。。。(;^_^A
1時間ほど粘りますが、カレイのあたりはポツポツ。
「潮が速いから活船でやるから」と、シーアンカーをやめ
錘が定着するよう、船長が操船。
シーアンカーを使っていた時よりは仕掛けが安定しているためか
そこそこカレイのあたりが出始めます。
2017_05_0052017_05_006途中経過。。。
それなりのカレイは釣れますが、いかんせん、小型が主流。。。
あげてはリリースの繰り返し(;^_^A
時間が経過するつれ、潮もさらに速くなり、うねりも強くなってきて
カレイ釣りには悪条件が。。。
結局、沖あがりまで小型リリースの繰り返しgawkでした。
2017_05_009釣果はキープマガレイ20枚。もらったアブラコ(アイナメ)1。
リリースサイズは倍ありましたね。。。
なかなか厳しい状況でございました。
帰宅途中、気になっていた湯内漁港を覗いてきました。
2017_05_007沖防波堤の白灯台側にぽっかりとすき間がありますね。
今年の冬の波で完全に破壊されたのだとか。
2017_05_008_2蛸穴の岬側の防波堤は、柵が設置され「立ち入り禁止」の看板が!
ちょっと残念ですね。。。
さて、今回のカレイ達。小型が多かったのですが、
捌いてみて納得。オスがほとんどでした。
マガレイはメスのほうがサイズは大きいんですよね。
で、子持ちマガレイの釣果が落ちるとオスが増える。

子持ちマガレイのシーズンはそろそろ終了かもしれません。。。
















2017年4月29日 (土)

2017年起動inせたな沖防波堤(2017年04月28日釣行)

2017_04_28_001
諸事情によりなかなか釣行ができずにおりましたが、
2017年、いよいよ起動であります。
カレイの便りが続々と入ってくる中、やみいさんから4/16に
釣行のお誘いがあったのですが、天候不良により断念。weep
やみいさん、これに懲りず、またお誘いください。m(_ _)m
悶々としておりましたが、GW突入前にせたな沖堤釣行を決行!
午前3時過ぎ、まだ真っ暗な中せたな東沖防波堤に上陸
気温は4度と低めですが、せたなにしては風も弱く「今日はいけるのか?」
投げ竿を振る前に海にお神酒を注いで、爆釣祈願。
暗い中、ご一緒したFe氏はワームを使ってますが、反応はチビソイばかり。coldsweats01
午前4時を過ぎ、うっすら明るなるころから実釣開始。
2017_04_28_002_2σ(^^)はかれこれ投げ竿を振るのは2年ぶり!coldsweats01
さてさて、お神酒の効果はどれほど?
で、餌変えのためにリールを巻き上げると
2017_04_28_003_2画像に映る下の白い箇所は軍手の親指部分です。
どんだけ~~ミニやねん。coldsweats01
3月はせたな沖防波堤の釣果は良かったようですが、4月になってからは
天候が崩れる事が多かったためか、右隣に釣り座を構えたFe氏を含め
カレイ、ホッケのあたりは散発bearing
渡る前日の夕方から夜にかけても悪天候でしたからいちまつの不安が・・・shock
2017_04_28_004
サイズは40.5Cm。なかなか良い型です。お刺身サイズを捕獲できました。
上にキーホルダ。。。
σ(^^)はメーカDRE○○の回しものではありませんが
アプリを使うとスマホ上でサイズの計測ができるんですね。
その後はというと、40Cm前後のホッケを2本追加注文できましたが。。。
周りを含めカレイ、ホッケはポツラポツラ程度。catface
防波堤上部に釣り座を構えた慈英さんはマコカレイ46Cmの捕獲に成功!や
宇宙人捕獲失敗の若干の盛り上がりはありましたが、ほぼまったりムード。
2017_04_28_0052017_04_28_006午前8時を過ぎたころから、まったくの無風となり釣り人には絶好の釣り日和happy02
天気晴朗なれど海の魚たちには具合が悪いのでしょうか。
カレイはなかなか姿を見せず。crying
午前10時を過ぎからは、せたなおなじみの強風
そして波が立ち始めほぼ投げ釣りにならず。。。gawk
無念の沖あがりとなってしまいました。
さて、このりベンジはできるのか???coldsweats01

2016年8月 7日 (日)

古平沖。船イカ好釣? (2016年8月6日釣行)

2016_08_06_001_2

そろそろ、イカくコ:彡釣りにでも行きたいなあ~と画策していたところ、
古平寶進丸のおかみさんから「沖のイカ釣り、良くなってきたよ~」との連絡がhappy02
σ(^^)は、無論二つ返事で「乗ります!」
で、職場の釣り仲間を誘ってみましたが、この時期は皆様
ご予定がビッシリのようで、単独行動。。。
午後4時半が集合時刻だったので港には午後4時頃到着しましたが、
他の乗船者は既に集合済みcoldsweats01
みなさん、イカ釣りバカですねぇ~
2016_08_06_002
乗船した第八昇龍丸は午後5時頃、出港しサンセットクルージング(?)
をすること約2時間。
一度、シーアンカーを打ったはずが、すかさず船長が回収。(◎_◎) ン?
なにやら潮が悪いらしい。潮が速いのだとか。
さらに15分ほど移動して、午後7時頃から戦闘開始!
船長の指示タナは40M
さあ~、今回はイカが何杯釣れるか楽しみ!happy02
ところが!乗船者には全くイカのあたり無し。bearing
開始早々、暗雲が。。。
乗船者、全員黙々とイカのあたりを待ってひたすら糸を手繰ります。
2016_08_06_003
沈黙すること2時間。ようやくイカのあたりが出始めます。
この時期はイカの大きさがペンシルサイズからビール瓶サイズと
型はまちまちですが、結構、釣れ上がってきます。
2016_08_06_004_2
長靴のサイズは26CMですから、なかなかでしょ。
で、途中経過。
2016_08_06_005
ちょっと整列させてみました。
σ(^^)のはこんな感じですが、乗船のベテランはσ(^^)の上を行く
勢いで釣りまくります。coldsweats01
やる気のあるイカがいると、仕掛けが落ちて行く途中でフワッと軽くなることも。coldsweats01
途中、潮のかげんで右隣や反対側の人とおまつりもあって、
ロスタイムが激しかったのですが
沖あがりまで結構楽しめました。happy01
まあ~、釣果はいつものごとくですけど...(^^;;
2016_08_06_006
小さなイカもいましたが、ビール瓶サイズが4本ほどおりました。
あまり大きいと刺身にするには固いんですがね。
それは、一夜干しにでもしましょうか。
積丹方面の船イカ。さて、いつまで好釣が続くでしょうか。。。

2016年5月31日 (火)

2016年の初釣りは苫小牧沖(2016年05月29日釣行)

2016_05_29_001
2016年も明けて初釣りを目論んでおりましたが、
諸般の事情により釣行ができずにおりました。crying
ようやく釣りが出来るようになり、さてさて何処へ行きましょうかと
思案していたところ、クッキングパパ殿から「苫小牧沖カレイ釣りにいきませんか」
のお誘いが。happy02もちろん、出撃であります。
クッキングパ殿によると、マガレイの型は大きくないが、先週は代わりに
良型のソウハチが入れ食いだったとかhappy02期待”大”です。(^^)
浜厚真沖へ到着すると、周りにはいつものごとく釣り船銀座..coldsweats01
プレジャーボートもあちこちに出没!
船長の合図で釣りを開始・・・・するも乗船者達にカレイのあたりは散発。
開始早々雲行きがcoldsweats01σ(^^)にいたっては。。。

2016_05_29_004
つぶらな瞳が可愛い?トクビレ。通称:八角coldsweats01
春の大型マガレイの季節はやはり終わってしまっていたようで、
釣れてくるマガレイは中型、小型のオスのマガレイばかり。
sad
2016_05_29_005
なんとか、煮つけサイズ捕獲するも船長の携帯電話や船の無線からは
「だめだぁ~~~」情報ばかり。(;^_^A
他の釣り船も大分苦戦を強いられている様子。
crying
2016_05_29_006
こんなに天気が良いのに。。。
船長も頻繁の船を移動してくれますが、移動のたびにパタパタと
マガレイが数枚上がった後は。。。シーン。
巨大マガレイどころか、中、小型マガレイの数があがりません。
その代りといってはなんですが、中、小型のイシモチは良く釣れて来ます。
さすがにこれには閉口気味。
なんとか刺身にできそうなサイズはキープしましたが、後は、海にお帰りいただきました。
結局、マガレイのゴールデンタイムは訪れず、ストップフィッシング。(/ー ̄;)シクシク

2016_05_29_007
とりあえずキープしたマガレイ、イシモチ。プラス、ハッカク
先週、爆釣できた良型ソウハチは既に御留守になっていた様子。
今シーズンも、へな猪口釣り師は健在か?(^^;;

2015年8月30日 (日)

今宵は満月!こんな夜は。。。(2015年08月29日釣行)

お盆明けの8月22日に古平、寶進丸に船イカくコ:彡の予約をしましたが、
当日は波が高いってことで29日にスライド登板となりました。
この時期になると、イカ<コ:彡はグッと大きくなり、ビール瓶サイズも狙えます。happy01
午後4時半の集合時間には余裕で現地に到着。
午後5時には船長も到着して、発泡スチロールに氷を入れて、いざ出陣!
今回こそ箱が満杯になるのか?coldsweats01
2015_08_29_003_2
ゆっくりめで船が走ること、約一時間半。
停船し船長さんが、シーアンカーを用意し、戦闘開始。
指示タナは40M。
40M~30Mをさぐりますが、一向にイカがのりません。bearing
周りのベテランさん達も苦戦を強いられます。
開始から2時間ほどして、船長から50Mの指示。
でも。。。のりません。bearing
開始から約2時間。。。すでに釣れない疲れが。coldsweats01
2015_08_29_004
ようやくσ(^^)の仕掛けにイカがのったのは午後9時頃。
開始から2時間もかかって、しかもまだ、一杯。coldsweats01
どうやら、満月のせいもありイカが浮いてこないようです。
昼間は曇り気味だったので、月が顔を出さないと思っていたんですが。
2015_08_29_005
おまけに二枚潮で悪条件が整ってしまっています。
イカが深めにいるんだろうと、ラインを80Mくらいまで落としますが、
二枚潮では仕掛けがオマツリしやすくなってしまいます。(;^_^A
2015_08_29_006
タナを深めにとって、ようやくグッドサイズがきましたが。。。
いちおうビール瓶サイズ???coldsweats01
その後もタナをいろいろさぐり、船長も通称”ドンパチ”(集魚灯の光消し)を
してみますが、そもそもイカが浅めに浮いてきていないのでは効果無し。
結局、午後11時過ぎに、沖あがりとなってしまいました。crying
2015_08_29_007
今回もまた、発泡スチロールが満杯になりませんでした。bearing
満月の夜。二枚潮では、たった五杯で夜も眠れず。。。
って。それを言うなら”たった、四杯で夜も眠れず”でしょ。
おそまつ。m(_ _)m

2015年5月26日 (火)

今シーズンこそ、苫小牧沖の巨大マガレイゲットを!

さてさて、今年もやってまいりました。苫小牧沖の巨大マガレイシーズンであります。
元々5月23日に出撃の予定でしたが、天候不順により仕切りなおし。
船をしたてていただいたので、平日ではありますが出撃してまいりました。
今回もDRH登場。
2015_05_26_002
一応、ニューアイテムも登場。DAIWA I'ts ICV
メータ付きの小型タックルが欲しかったのでcoldsweats01
2015_05_26_003
午前4時半過ぎには乗船者がそろったので出港です。
走ること約30分。苫小牧東港沖(浜厚真沖)へ。
今年も、巨大マガレイとの勝負開始!
開始からほどなくして、マガレイがあがりはじめ、
「お!今シーズンは☆ばく釣か???」
と、思ったのもつかの間、なかなか入れ食いモードには突入しません。(T^T)
あがればそれなりの良型マガレイなのですが、巨大マガレイは
なかなか姿を見せませんsad
2015_05_26_004
こんな感じで波も無く、良い感じなのに。。。
って、やっぱりσ(^^)が下手なだけ???(;^_^A
開始から1時間ほどして、ようやく・・・
2015_05_26_005
でも、サイズは40Cm超え程度。。。
良い型なのですが、ここの巨大マガレイサイズには
まだまだ足りません。
周りでもぽつぽつマガレイ、イシモチがあがるのですが、
船長もいろいろ移動してくれますが、艫(とも)の乗船者には
良型マガレイきてもなぜかσ(^^)の竿にはギスカジカ(ツマグロカジカ)ばかりcrying
2015_05_26_006
2015_05_26_007
たまにはこんな良型がくるんですが、肝心の巨大マガレイはなかなか捕獲できず。
ソウハチは42Cm。イシモチは49Cm。
お刺身サイズの捕獲はできましたが。。coldsweats01
ちなみに、σ(^^)の隣でイシモチを釣っていた船長は50Cm。1Cm負け。coldsweats01
沖あがり12時ころまで粘りましたが、巨大マガレイ捕獲作戦は
今年もあえなく失敗したのでありました。f(^^;
2015_05_26_008
写真はマガレイのみ。その他お持ち帰りは良型イシモチと良型ソウハチ。
イシモチはいいとして、デカソウハチはどうやって処置しましょ...(^^;
苫小牧沖のマガレイですが、メスのお腹はパンパン。
マガレイのオスも増えてきたようです。
そろそろ終盤戦なのかなぁ~~~
え?へな猪口釣り師の見解はあてにならない?
。。。おっしゃるとおりかも?(^^;;








2015年5月 8日 (金)

せたな沖防波堤リベンジin2015

前回の釣行はホッケ3本と全く不甲斐ない結果coldsweats01
Fe氏からのお誘いもあり、Fe氏、慈英さん、サケ本さん、チャンプ、そしてσ(^^)で
禁断のGW明け平日釣行を決行happy01
いつもの如く寿喜丸さんにお世話になり、午前3時過ぎに乗船し、いざ沖防へ。
今回は、慈英さんのアドバイスにしたがって、先端部へ。
2015_05_07_002
開始から30分ほどして、竿先にあたりhappy02
「んんんんん?結構重いぞ!」
2015_05_07_0042015_05_07_005
いきなりダブルでマガレイをゲットhappy02
こうなると、いつもの”獲らぬ狸の皮算用”が顔をのぞかせます。
「今日こそ大漁ができるかも!」coldsweats01
しかし、その後、竿先は”シーン”bearing
まあ~、いつものことですが(^^;;
そんな午前5時過ぎ、Fe氏がマガレイとは違う平物を捕獲!
取材班は現地へ!
2015_05_07_006
タカノハ(マツカワ)の捕獲に成功!happy02サイズは39Cm。
最近、せたな沖防で釣れているとは聞いておりましたが、
やったね!今夜はお刺身だ!自分のじゃないけど...(^^;
で、カレイの釣れ具合はというと、なかなか入れ食いモードにはならず、ぽつぽつ。coldsweats01
せたな沖防にしてはかつて無いほどKAZEも弱くまったりモード
2015_05_07_007
釣れれば、こんな良型が捕獲できるんですが。。。
2015_05_07_009
これなんかはグッドサイズ。36CM。
2015_05_07_008
風車は完全休業中で穏やかですねぇ~。
前週渡った☆ばくさんはホッケ祭りに遭遇したらしいのですが、
今回の釣行者は誰もホッケの確保ができておりません。
釣れても幼稚園児サイズ。とてもお持ち帰りなんかできません。coldsweats01
ぽつらぽつらのカレイのあたりを拾っていく感じです。
結局、沖あがりまでまったりモード全開...(^^;
せたな沖にしては、終始KAZEが弱く投げ釣りには最適だったんですが、
カレイ、ホッケは遅いGWに入ったのでしょうかsad
2015_05_07_010
お持ち帰りは結局マガレイ14枚とホッケ1。
数的には満足のいくものではありませんが、久しぶりに”グン””グン”とくる
マガレイの引きは堪能できました。
そうそう、沖防の工事ですが、7日時点ではまだ再開されてませんでした。
寿喜丸船長によればマガレイはまだまだ楽しめるそう。
GWも終わり、釣り人も若干減った今がチャンス!。。。かな?...(^^;

2015年3月29日 (日)

2015年初釣りは、せたな沖防波堤

昨年から諸事情によりなかなか釣行ができずじまい・・・coldsweats01
ようやく時間が取れることとなり、Fe氏と今シーズンは早くから
マガレイが調子いいらしいとのことで、出撃!とあいなりました。
沖堤に渡ったのは午前4時。
渡った当初は、若干のうねりはあるもののせたなにしてはKAZEも弱く
期待しちゃいますsmile
暗い中準備をしまずは海にお神酒を注いで、少し明るくなるまでしばし休憩。confident
午前5時を過ぎたころから実釣開始。
開始から20分ほどして、竿先にあたりが!happy02やった!初物!happy02
と、思ったのもつかの間。
2015_03_29_003
カレイでもホッケでもなく、アブラコ。
サイズも小さいので、海にお帰りいただきました。
聞いていたのと違ってなかなか魚のあたりがでずにいると、
なにやらFe氏が重そうにリールを巻いているsign02取材班は現地へsign01
2015_03_29_004
サイズは35Cm。なかなか良い型です。
やったね!今夜はお刺身だ!自分のじゃないけど...coldsweats01
太陽が出てきた午前7時頃から気温も上昇し、
KAZEも無くなったもののカレイは釣れず。weep
2015_03_29_005
で、σ(^^)の状況はというと。。。。
2015_03_29_007
2015_03_29_008
名刺サイズなんかもcoldsweats01
いつものこととは言え、全く振るわず。crying
おまけに午前9時を過ぎたころから、再びKAZEが吹き出し
その後はせたなお決まりの強風へ。
そんな時、再びFe氏が重そうにリールを巻いているsign03
取材班はまたまた現地へsign03
2015_03_29_009
午前10時を過ぎた頃には三脚も倒れるほどKAZEが強くなり、THE ENDbearing
そうそう、沖防波堤の工事の状況ですが
2015_03_29_010
こんな感じです。
工事が再開されると、ここから沖側へは立ち入り禁止となります。weep
先端部方面で釣りをするなら、今がチャンスsign01
さあと、リベンジを画策しなくては。。。smile

2014年8月10日 (日)

イカの船釣り!リベンジ編パートⅡ(2014年08月08日釣行)

2014_08_08_001
今年の船のイカくコ:彡は調子が良いのと昨年の船イカが
不本意だったFe氏のお誘いもあり、
今季2回目の船イカへ。
今回はネットで好釣が伝えられている寶進丸を予約し
古平でのイカ釣りです。
2014_08_08_002
午後4時前には現地に到着。
先客の方々は既に荷物を積み込み済みプラスご勇退の方が多数coldsweats01
船は依田(よりた)船長ご子息の船、第八昇竜丸に変更。
予約していた氷も発砲スチロールに入れ乗船準備。
船を予約する際の確認でσ(^^)が「発砲3個位で。」と言ったところ、
船長の奥さんが「3個?少ないよ!五個位はないと!」とのことで
とりあえずσ(^^)は発砲スチロールを4個用意。
はてさて箱が満杯になるのか?...(^^;
2014_08_08_003
午後6時頃に出港し船が”ゆっくり走る”こと約30分。
停船し船長さんが、シーアンカーを用意し始めました。
「え??ここ?前浜だよね。(?_?)」
無線で沖のイカは不調らしいと情報が入っていたようです。
2014_08_08_004
「ワオーン!」太陽に●えろ。年がばれますね...(^^;
船長の指示で開始は水深40M。
しかし、イカが乗りません。
ベテランさんの一人からは「まあー、灯りをつけてからが勝負でしょ」と。
午後7時をすぎ、いよいよ集魚灯がON!
さあ、勝負開始!
しかし。。。イカが乗りません。bearing
他のベテランさん達も苦戦。
唯一ぽつぽつながら確実に釣果を出しているのはσ(^^)の
傍にいた超ベテランさんのみ。
σ(^^)は開始から3時間経過して3杯。crying
超ベテランさんとの違いは???
仕掛けは市販のようで、釣り方が特に違いがあるようではない。
オッパイ針と魚針の違いか?
2014_08_08_005
急遽、予備にと用意していた魚針14CMに変更してようやく釣果が。
超ベテランさんには敵わないですがね...(^^;
2014_08_08_006
そうしているなか、ようやくイカのやる気(?)がでてきたのか、
イカの鳴き声(?)盛んに聞こえてくるようになります。
その時、σ(^^)の仕掛けに異変が?
あげている途中で突然ふわっと軽く。
「んんん?」
フグが付いていました。おまけに幹糸も切られていて哀れ、
仕掛けは海底に。bearing
入れ食いに近い状態でのブレークは痛すぎ。Σ(>д<)
一度仕舞ったオッパイ針仕掛けを再度付け直して再開。
ところがイカの活性が良い時はフグの活性も良いのか、
しばらくしてまたまたフグに仕掛けを破壊されてしまいました。weep
これにはさすがに閉口してしまいました。
またまた予備の仕掛けを用意しますが、これは予備の予備で
胴突きのみのため、イカ針を付け直し。
更なるロスタイム。crying
午前0時頃、ドンパチ(集魚灯の光消し)をしますが、
イカは浮いてこず、無念のタイムアップ。
2014_08_08_007
酷い釣果ですな。f(^^;
船長によると「潮は悪くないんだけど、月が明るすぎたんだよねぇ~。
あんまり明るいとやっぱり、イカの付きは悪いんだわ~」
発砲4箱は不要でしたね。(;^_^A
今回は2回ものフグの攻撃によるタイムロスも痛かったですね。
今度はいつ挑戦できるかなぁ~。

«親父共の夏休み?(2014年08月02日釣行)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

ウェブページ