最近のトラックバック

リンク

2020年7月 5日 (日)

紋別沖二匹めのどぜう狙い(2020年7月4日釣行)

2020_07_04_001

好釣が続いていた、紋別沖のマガレイ釣り。
そろそろ終了しそうだということで、二匹目のどぜう狙いに出撃してまいりました。
紋別海王丸船長からは「カレイが釣れなければホッケ釣りに変更もあるので
150gのジグも用意しておいて」と連絡があったので、
やはりマガレイは終盤の模様。
午前5時頃出港していざ、マガレイとの勝負会場へ。

2020_07_04_002 2020_07_04_003

30分ほどでコムケ湖沖に到着し、マガレイとの勝負開始。
早々にマガレイが釣れてきて「あれ?意外と釣れるじゃん。」

2020_07_04_004

前回の釣行とは全く様子が違って、群れが薄いのか船長も頻繁に
船を移動し拾い釣りの様相。
思い切って深場で試そうということでシブノツナイ湖沖合30Mラインへ。
きました。(^^)v
フグと良型のクロガシラ。

2020_07_04_005

クロガシラは41Cm。比較がしやすいようにペットボトル600mLと。
フグは調理ができませんので、速やかに海にお帰りいただきました。
午前7時頃にはホッケの群れが入ったらしく、カレイの仕掛けが底に到達する前に
ホッケがかかってしまいσ(^_^)は閉口してしまいました。
かかるホッケが1年生らしく、細くて小さいので即リリース。(--;
仕掛けが底につけばポツポツながらカレイが釣れるのですが。(;^_^A

2020_07_04_010

波もなく穏やかで絶好の釣り日和で遠くにはガリンコ号2の姿が。

2020_07_04_006 2020_07_04_007

写真では小さいかもしれませんが、赤い点になっているのがガリンコ号2です。
金、土、日と釣りクルーズをしています。釣り具もレンタルができるので
お手軽フィッシングには最適ですね。
それはさておき、拾い釣りながらベテランさんはこの釣果。

2020_07_04_008

カレイ達が気持ちよさそうにプールで泳いでいます。(^^;
で、私の状態は。。。

2020_07_04_009

このような状況でございます。まあ、小さいカレイやホッケはリリースでしたから。
はい。御覧の皆様のご指摘どおり、言い訳でございます。m(_ _)m
ただ、今回は苦労しましたねぇ~。なにせフグが多くって。
フグがかかるとハリス傷がつくし、切られるし(-_-;)
さすがの紋別沖のマガレイも先月までのような釣果が出なくなってきました。
さて、次は何を釣りに行きましょうか。
そろそろイカくコ:彡かなぁ~。

<2020年7月5日追記>
紋別海王丸情報によると、7月5日はマガレイの好漁ができたらしいです。
前日より潮回りが良かったらしいとか。
以下からたどってね。
https://ameblo.jp/enkaku1543
自然相手の釣り。1日違うだけで差が出るんですねぇ~(;^_^A

2020年6月 6日 (土)

2年ぶりのせたな沖防波堤 (2020年6月6日釣行)

2020_06_06_001

6/1月曜日に、紋別沖でカレイの船釣りを堪能したのに、
性懲りもなく、今度はせたな沖防波堤からの投げ釣りに

行ってまいりました。(;^_^A
せたなもようやく沖防波堤の渡しが解禁となったのですから、

行かないわけがありません。
Fe氏と私と他2名が朝、せたな港に集合。

ほんの十数分で東防波堤へ。
船長の話では昨日、夜からの泊り組が4名いるとのことで、

東防波堤先端部は断念。(T^T)

2020_06_06_002

Fe氏は泊り組の左側に釣り座を構え、私はその左側に釣り座。
暗いうちはソイ、アブラコ(アイナメ)狙いでワームをキャスト。

2020_06_06_003

良い型だったので、キープ。(坊主は回避・・・)
明るくなってからは投げ竿を3本を用意し、カレイ狙い開始。

2020_06_06_004

早々連れてきたのはアブラコ(アイナメ)。
次にはマガレイのグッドサイズを捕獲。(^^)
その後はカレイがなかなか捕獲できずにいました。
入れ食いというわけではありませんが、隣のFe氏は順調にカレイを

釣りあげているのに。何故?
私にはアブラコまたは、海藻ばかり。(-ω-;)多少投げる位置を変えても

状況に大きな変化なし。

2020_06_06_005

これは埒が明かない、と、いうことで釣り座を移動。

2020_06_06_006

この移動が良かったようで、私に何とかマガレイの捕獲が

できるようになりました。
海藻の林ではマガレイのお住まいの水に合わないってことでしょう。

2020_06_06_007

Fe氏の釣果。スマホ画像でご勘弁を。(;^_^A
良型のマガレイやクロガシラが見て取れます。(^^)v

2020_06_06_008

後半でやっとマガレイが捕獲できたので、マガレイは11枚。
朝、私たちと乗船していた2名は東防波堤の北側に釣り座を構

えていたようですが釣果は私たちの倍以上マガレイが捕獲したそうです。
明らかに、釣り座の選択ミスでしたね。(;^_^A
コロナウィルス禍の影響でバタバタとしているうちに既に6月。
カレイの投げ釣りシーズンはそろそろ終了でしょうか。
次は何を釣りに行きましょうか。
また、紋別沖のマガレイ。いやいや、太平洋のソウハチガレイもいいいなあ。
マイカくコ:彡釣りもそろそろ準備しないと。。。(^^;)

2020年6月 1日 (月)

紋別沖のカレイ達自粛せず?

  20200601_001 

新年早々から今年は新型コロナウィルスが猛威を振るい
自粛や緊急事態宣言などで全てが沈滞モード。
そんな中ではありますが、日本国内、特に北海道もやっと
緊急事態宣解除となりましたが、カレイの投げ釣りシーズンは
ほぼ終了と見える昨今。(;^_^A
そこで、6月1日、休日となった私は紋別沖へカレイのご機嫌伺いに行ってまいりました。
午前5時出港ということでしたので、4時半頃、海王丸前に着くと
乗船者は既に集合済みで私が最後。皆さん、気持ちがはやりすぎ!
20200601_002 
午前5時前には、紋別港を出港し、30分ほどでポイントであるコムケ湖沖へ。
20200601_003 
今回も登場のDRH(どこでもロッドホルダー)。
で、船べりが低い海王丸スペシャル。。。(手前みそでしたね。)
 20200601_004 

水深11~10M前後でスタートフィッシング。
周りでは良型のカレイが次々とあがりますが、私の第一投目はレントゲンサイズが2枚。orz
20200601_005 

出鼻をくじかれてしまいましたが、その後はマガレイが好調に釣れてきます。(^^)
20200601_006 
小さい型も混じりますが、画像のように、おー〇お茶1リットルサイズと比べての
このサイズが私にも周りにも釣れてきます。
20200601_007 
たまにはトリプルも。マガレイがトリプルですとさすがに重い...(^^;)
普通、釣りをしていると必ず、あたりが途絶えてしまうことがまま、ありますが、

今回の紋別沖のマガレイは自粛はどこ吹く風。
帰宅後の後処理も考えると「釣りすぎてもなぁ~」と私は午前10時半前に店じまい。
この時点で43リットルクーラー8分目ほど。
20200601_008 
私にはこれで十分。
ですが、他の方数名は11時30分近くまで楽しまれておりましたので
果たしてどれくらい釣れたんでしょうか。(^^;)
 
20200601_009
帰港後、乗客全員で協力しあいクーラーを下しましたが、
それがことごとく重くて、腰を痛めてしまいそうでした。(;^_^A
帰宅後、カレイの枚数を数えてみると、お持ち帰りで78枚でした。
小さめなカレイは極力リリースしてきたのにこの枚数。
他の、乗船者はどうだったんでしょうか。
まだまだ、新型コロナウィルスの状況は安心できませんが、
うがい、手洗い、マスク着用、ソーシャルディスタンス等々を踏まえて
乗り切っていきたいものです。
20200601_0010
紋別沖のマガレイ達は口を大きく開けて、餌を待っています。

 

2019年12月30日 (月)

2019年(令和元年)暮れますね。

Ilumi2019

2019年(令和元年)もあとわずかですね。

さて、今年は公私で何かとバタバタで釣行がすっかり減ってしまいました。

@(;・ェ・)@/反省…

こんな私ですが、皆様、お付き合いいただきありがとうございました。

2020年は子年。独楽ねずみのごとく釣行ができるようにしたいものです。

え?2019年は猪で猪突猛進もできなかったのに?ってのは置いといて。(;^_^A

では、皆様、酔いお年を!(^^)/~~~

2019年10月17日 (木)

じっと我慢の釣りバカであった(2019年10月16日釣行)

釣り仲間であるY田さんから「苫小牧沖つりに行きませんか」

とのお誘いをいただき平日ではありますが、「

有休を取って参加します!」。。。バカですね。(;^_^A

釣行前日、若干の体調不良をかかえてましたが、

せっかく用立ててくれましたのでいざ苫小牧港へ。

2019_1016_001

早朝は気温2,3度と寒かったのですが出港前は晴れで風もほぼ無し。(^^)

船長がシーアンカーを忘れてくるというハプニングがありましたが、出港!

2019_10_16_002

船は一路、秋の苫小牧沖定番の社台沖まで30分ほどで到着。

すると船長がおもむろに近くのプレジャーボートに声をかけ

釣果を確認してみたところ。。。「マガレイはあまり釣れてない」とか。(;^_^A

少し水深のある20Mラインでカレイの調査開始。

2019_1016_003

ですが、先ほどの情報どおり、マガレイのあたりは皆無に等しく、あたりがあるのは

チビっ子ソウハチばかり。(--;

チビソウハチのあたりを掻い潜ってマガレイが数枚捕獲できる程度。

2019_1016_004

開始から1時間半でやっとマガレイ2枚目。(--;

苦戦を強いられてしまいます。

船長から「釣れないかもしれないよ!」とは言われていたものの。。。orz

2019_1016_005

とにかく、こんなソウハチが針数ついてきてしまっては

マガレイなんてとてもとても。(T^T)

チビソウハチに餌やりに来たようなものです。(;^_^A

終始そんなやり取りのなか、ふじくにさんが「タモないかい~」と。

大物が来ることを想定していなかったので、

船にタモが無し。d(゜ー゜*)oアウチ!!

結局、ふじくにさんが自力で船上げ。

2019_1016_006

おおーーーー!立派なマツカワ捕獲に成功!グッドJob( ̄▽ ̄)b

普段の行いがいいのか、悪いからなのかは定かではない。(負け惜しみ。。。)

時間が経つにつれ、波と風が強くなってきたことから12時前には

ストップフィッシング。

2019_1016_007 

お持ち帰りは、マガレイ7枚。

厳しい釣果ではありましたが、美味しくいただきました。(^^)

さて、本来であれば苫小牧は秋のカレイシーズなのですが、

情報では釣果が出ていないとか。

まだ、水温が高いせいなのでしょうか。それとも、今秋はそもそも

期待薄なのでしょうか。

ちょっと、気になりますねぇ~。

2019年7月20日 (土)

今や高級魚? 2019年07月19日釣行(古平沖)

20190719_001

今年もやってきました、イカくコ:彡釣りシーズン。
各種情報では積丹方面は概ね好漁とか。
今回も古平、寶進丸にFe氏と乗船。

20190719_002 

午後5時頃出港し、40分ほどでポイント到着。
船長の指示は錘150号でタナは40Mで戦闘開始。
しかしながら、乗船者の誰一人あたりがでず、ポイント移動。

20190719_003

辺りが暗くなりってから、乗船者にポツリ、ポツリとイカくコ:彡が
乗るようになりましたが、σ(^^) は捕獲できず。orz

20190719_004

イカ釣りマシンも稼働しましたが、しばらくは空振り続き。。。(-_-;)
午後9時ころになってようやくσ(^^) にもようやくイカが乗りましたが、
耐久レースの様相は否めず、苦戦が続きました。

20190719_006

20190719_005

コンパクトデジカメなので、わかりにくいかもしれませんが
船の周りをひっきりなしにシイラがうろついているし。(T^T)
船長が通称ドンパチ(集魚灯の明るい照明を切ること)で
イカを浮かせようとしますが、全く効果無し。。。。_| ̄|○

お持ち帰りは。。。
こんな状況でした。(T^T)
やはり、最近のイカくコ:彡は高級魚なのか?(;^_^A

20190719_007

さて、リベンジは。。。(^^;;

 

2019年6月 3日 (月)

長期出張終了PART1

Dsc_0069

5月連休明けからほぼここで仕事をしておりましたが、

そろそろ解放であります。(^^)

2019年5月25日 (土)

長期出張明けの釣行は彼の地で。(2019年5月25日釣行)

2019_05_25_001_1

ここのところ仕事が多忙かつ出張多しでなかなか釣行ができずにいました。

そんな折、長期出張から帰って郵便をチェックしていると

海王丸船長から今シーズンの営業開始連絡が!

ダメ元で連絡してみると「1名なら問題ないよ」との返事が!(^^)

ここは出撃でしょう・・・

2019_05_25_002

午前5時の出港前には皆さん、おそろいでそそくさと準備開始。

気合が入っていますね。。。(^^;

2019_05_25_003

ガリンコタワーを横目に、午前5時、時間どおりに出港。

ポイントのコムケ湖沖まで約30分ほど走ります。

ポイント到着後、船長の指示で戦闘開始。

水深は11~12M。

2019_05_25_004

カレイが釣れてきますが、型は小さめ。

昨年の6月が良すぎたのかもしれませんが。。。(^^;

2019_05_25_005

久々登場のDRH(でこでもロッドホルダー)とともにσ(^^)も戦闘開始。

2019_05_25_006 

見づらいですが、マガレイのダブル。(^^)v

ただし、いかんせん、型が。。。

釣れているのだから文句は言えませんが、ギスカジカの猛攻にも閉口。(^^;

σ(^^) は小さめなマガレイはできるだけ海にお戻りいただくようにして

かわし切れないギスカジカの猛攻の間げきを縫ってマガレイを捕獲。

たまには~~~

  2019_05_25_007

トリプルなんてことも。(^^)

2019_05_25_008 

ビニール袋で見ずらいですが、σ(^^)の37Lクーラー。

で、他の方の釣果は・・・

2019_05_25_009  

2名での総釣果のようですが、37Lに満員でございます。(^^)

沖上がりの頃には風、波も出始め11時半頃、港に戻りました。

で、船からクーラーを上げる時には乗船者で協力して重たいクーラーを陸揚げ。

皆様、釣りすぎですって。。。(;^_^A

さて、σ(^^) のキープは。。。

2019_05_25_010

お持ち帰りは48枚。

これでもσ(^^) の家では十分すぎるほど。

でも。。。また、紋別マガレイ。再戦したいなあ~~。

(欲張りすぎだって。( -_-)ノビシ*)゜O゜)あぅ)

2019年4月29日 (月)

起動開始、2019年!(サブタイトル やっとかよ!)

2019_0429_001  
すっかり、ご無沙汰してしまいましたが、今シーズン初の釣行。😃
GWに入りあちらこちらの釣り場の激込みが予想される中
一筋の光が!
やみいさんから「湯内沖防波堤いきませんか。」
28日の日曜日とのことだったので、予定があっていけませんと
お返事したのですがさらなる助け舟が!
「29日なら大丈夫ですか・・・」もちろん二つ返事で「参戦します」(^^)
KAZEが強いとの予想でしたが、集合時間の午前5時は
気にならない程度。「予報が外れた?」
今回は企画のやみいさんはじめ計4人でいざ湯内沖防波堤へ
2019_0429_002_4
2019_0429_003_1
灯台の所がσ(^^) の釣り座。そこからやみいさん、Oさん、ヨシゾーさん。
開始早々から絶好釣だったのはOさん。連続して良型マガレイをゲット。
ヨシゾーさんの「なんで俺のところは大きいの来ないんだ!」
いやいや、やみいさん、ヨシゾーさん、釣れてますって。
2019_0429_004
σ(^^) なんかは1時間ほどしてやっと釣れたのが砂カレイ。(T^T)
好釣なOさんの真似をして若干近めに投げると・・・
2019_0429_005
マガレイがきましたが。。。小さめ。orz
お次は・・・
2019_0429_006
良型ですが、イシガレイ。orz orz
時折、背中から暴風が吹き付けてあたりが取りずらいのですが
みなさん、順調にマガレイをゲット。
え、ここってこんなに釣れたっけ?と思ってたのですが。。。(;^_^A
σ(^^) はというと。。。一人、蚊帳の外。(ToT)
2019_0429_007
午前7時半頃になってようやく、立て続けに良型をゲットに成功。
やみいさんに測っていただくと34Cm。C=(^◇^ ;
さて、これから頑張りましょうという時
午前8時を過ぎた頃には時折、暴風だったのが
常時暴風となり、やがては爆風状態。(;^_^A
竿、三脚も吹っ飛んでしまう状況となり、
投げ釣りどころではなくなりました。
そこそこ釣果は出ていたので、残念無念。
ところでσ(^^) は今回も貧果でございました。
ブログタイトルも変えましょうか。
「釣れないブロガーのブログだゼット!」(^^;

2018年12月31日 (月)

2018年も残り数時間

久々の書き込み。。。
平成最後の今年は未曾有の自然災害の年でしたね。(-_-;)
大阪府北部地震(6月)、平成30年7月豪雨、台風第21号(8月)
そして、9月の北海道胆振東部地地震。
幸いにもσ(^^) の所には大きな被害はありませんでしたが
被災された方々にはお見舞い申し上げます。
そして、お亡くなりになった方々には改めて安らかにと。。。合掌。(-人-)
2018_end_3
さて、お話を変えまして。
今年後半は何かとせわしなくてろくな釣行もできませんでした。
くる年は、もう少し頑張りましょう。
って、毎年言ってますがね。。。(爆)
何はともあれ、皆様、酔いお年をお迎えください。m(_ _)m

«北海道で最大級の地震が!(ノ゜⊿゜)ノ

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

ウェブページ