最近のトラックバック

リンク

2017年9月23日 (土)

北海道ハムフェアin 2017

釣りネタではなく、恐縮ですが、別の趣味のお話。
北海道ハムフェアなるイベントに行ってきました。
食べるハム・ソーセージではなくcoldsweats01アマチュア無線。
イベントの情報は以下からたどってね。

http://www.8hamfair.com/
で、趣味の連中があちこちから集合。 

2017_09_23_001無線車のキャンピング仕様。
ちょっと内装をのぞくと。
2017_09_23_002写真はありませんが後部には座席(ベット)、シャワー室あり。
2017_09_23_003_3会場の駐車場にはニョキニョキとアンテナのはえた車がそこかしこに。happy01
実際の会場に入りますと、JARLの会場受付にJR8IVS局が。happy02
2017_09_23_004お互いに「変わらないなぁ~~~」。
と、言いいながらも毛髪に手が。。。coldsweats01
会場は盛況。あちこちのブースを回ってみました。
2017_09_23_005JR8DAGさん。
自作の6Mリグがずらり。happy01
2017_09_23_006で、ブースの中にはこんな無線機が。
2017_09_23_007FDAM-3。これがわかる方は相当なマニア?coldsweats01
で、北海道ハムフェアの特別記念局である”8J8HAM”が運用中。
2017_09_23_008興味のある方は札幌卸売センターに行ってみてください。m(_ _)m

2017年7月30日 (日)

古平沖のイカ釣りリベンジ編(2017年07月29日釣行)

2017_07_29_001
そろそろイカも大きくなったかなと思い、前回のリベンジを含めて
古平沖にまたまた出撃してまいりました。
お世話になったのは毎度おなじみの寶進丸、依田船長。

2017_07_29_002午後5時頃、期待に胸を膨らませて出港。happy01
釣り仲間と談笑しながら船が走ること約1時間。
船長がシーアンカーを入れてイカの資源調査開始。
しかし。。。前回同様あたりが。。。こない。。。coldsweats01
「今日は満月ではないのに。」shock

2017_07_29_003σ(^^)にようやく1ハイ目がきたのは資源調査開始から約3時間後。
ポツポツとイカのあたりが出始め

2017_07_29_004_2
右隣のサカモトさんも余裕の表情?
とはいいつつも、入れ食いモードとはほど遠く、針に抱きつくイカは
複数とならず量的には苦戦。orz

2017_07_29_005_2なんとか、家で食べるぶんは捕獲できてますが。coldsweats01
とてもご近所におすそ分けができるような状況には好転しません。
無線から聞こえてくる僚船の情報も芳しくない様子。weep
時折、パタパタとあがっては、シーン。。。の繰り返し。
午後11時を過ぎた頃からは全く、あたりが無くなり午前12時頃
ストップフィッシィング。

2017_07_29_006
結局、リベンジには程遠い状況となってしまいました。coldsweats01
写真のイカは船長からのお土産も含んでいます。(;^_^A

2017_07_29_007ネットで購入したスマートホンケース。
こういう悟りが開ける日がくるのでしょうか。(爆)

2017年7月20日 (木)

連休中に。。。

釣り以外の話で大変恐縮なのですが。。。
7月の連休でσ(^^)の実家の整理関連で網走方面まで
行ってまいりました。
そのついでに最近、注目されている飲茶料理の店まで。
σ(^^)が住んでいた頃には無く、平成10年創業らしいです。
Tenko_001_3美幌町にある「点香苑」というお店です。
特大の肉まんが1個190円という破格のお値段で提供されています。happy02
本来、月曜日は定休日ですが、連休ということでオープン。
良心的ですね。happy01
ですが、店舗自体の駐車場は2台分しかないので路上駐車多し。
車では最低2名が必要ですね。
一人は店内購入。もう一人は車をいつでも移動可能なように待機。coldsweats01
σ(^^)も店内に並びますが、月曜日は定休日が浸透しているようで
思っていたより店内および店回りは混雑していませんでした。
店内で並んでいると、シュウマイ、餃子、鳥の空揚げもあり生唾もの。coldsweats01
自宅が地元なら速攻購入するところですが、あいにくσ(^^)は札幌まで
帰らねばなりませんので泣く泣く購入を断念。...(^^;
Tenko_002_2
購入した肉まんです。
大きさは成人男性の手の平ほどあります。coldsweats01
Tenko_003
断面です。アンがぎっしり。happy02
お味はというと。。。若干濃いめですね。胡椒も効いているので辛め。
鳥アンもあるようですが、さらに辛めのようです。
オホーツク遠征の際には一度行ってみてはいかがでしょうか。。。

2017年7月10日 (月)

満月のジンクス?(2017年7月9日釣行)

2017_07_09_001

今シーズン初、古平沖に船イカ釣行。
積丹の船でのイカ釣りは好釣と聞いているので期待に胸が
膨らみます。happy02

2017_07_09_002皆さん、どれくらい期待しているのか出港予定1時間前には乗船終了。coldsweats01
しかし、一抹の不安が。
今宵は満月。しかも函館方面のイカ漁が不振ということで
プロの方々も積丹沖に集中しているとか。coldsweats02
出港後、40分ほどで沖合いのポイント到着。
水深は80M~90Mライン。
船長の指示で50Mラインで資源調査開始しますが
船中誰もイカのあたりは無し。bearing

2017_07_09_003_2
σ(^^)たちのさらに沖合にはプロ集団と思われる灯りが。
2017_07_09_004
こちらの船は開店休業状態。bearing
まったくイカが浮いてきません。

2017_07_09_005
心配していた満月もこんにちは。coldsweats01
午後9時を過ぎた頃、船長の指示で60~70Mにタナを変更。
仕掛けの長さからいくとほぼべた底に近いですね。(;^_^A
それからやっとイカが乗り始めますが、ちょっと型は小さめ。

2017_07_09_006_2
あたりは出ても水深があるので、手釣り仕掛けですと手返しも
悪い上についても1,2ハイ。
非常に効率が悪い。bearing
午後11時を過ぎたころからは深めでもあたりが無くなり
午前0時にはストップフィッシング。

2017_07_09_007

満月でありましたが、雲り気味だったので期待したんですが、
やはりイカ釣りには厳しいのかなぁ~wobbly
さてさて、リベンジはいつにしましょうか。。。coldsweats01




2017年6月24日 (土)

伊達黄金沖は大盛況...(^^;

会社のS船長から「黄金沖でカレイ、ヒラメやりませんか」のお誘いに
二つ返事で「参加します」happy02
早めに家を出て、黄金ボートハウス駐車場で「仮眠」( ~-ω-~)zzz~
の、つもりが近くを通る貨物列車の音プラス駐車場内の車のドアの
開け閉め音でほぼ一睡もできませんでした。coldsweats01
夜も明けて、周りをみると。。。

2017_0624_001_2
車、車、車coldsweats02の大盛況。
2017_0624_002午前4時過ぎから手こぎボート組は早くも出撃です。
S船長、Ishiさん、M口さん、σ(^^)の4人組み出撃は午前5時ちょっと前でした。(^^;;
沖合18~19Mラインで実釣開始。
ところが、潮具合が悪いのか、一向にあたりがでず、開始早々暗雲がbearing
餌をついばむ様子はうかがえるものの、なかなか針掛かりがせず。(;^_^A
S船長も何度か船を移動してくれますが、爆釣タイム、ポイントにはあたらず。。。
あたりが渋い中S船長、Ishiさん、M口さんはマガレイ、ソウハチを捕獲してますが
σ(^^)にいたっては、午前7時ごろの段階でソウハチ2.crying
ものすごいあたりと、引きであがってきたのは・・・2017_0624_003_3ワラヅカ、通称カンズ。
かまぼこの材料ではありますが、σ(^^)には手に負えないので
丁重に海にお帰りいただきました。
その後、やっと待望のマガレイがきたのは午前9時を過ぎたころ。
2017_0624_004
サイズは36.7CM。なんとかお土産が確保できました。
しかし、相変わらずカレイの食いは渋く途中からはヒラメ狙いに路線変更。
カレイさえ釣れないσ(^^)にはヒラメなんか捕獲できるはずもなく
地球を釣ってしまい、バケ+仕掛けをロスト

再びカレイ釣りに路線変更となってしまいましたが、食いの渋さは。。。(T^T)
2017_0624_005_2
海上はこんなに穏やかで釣り日和なのに。。。海の中は良くないようで。。。
沖あがりの時間も近づいてきた午前10前。
Ishiの釣り方を真似て、完全向こうあたり釣法。
下手な誘いをかけず、竿を固定し船の揺れを利用。
これが良かったのか立て続けに良型マガレイの3枚捕獲に成功。(^^)v
2017_0624_006

しかし。。。ドンケツが第4コーナで追い上げても所詮ドンケツなわけで。。。f(^^;)
結局のところ
2017_0624_007_2
こんな釣果なにのでありました。。。
でも、マガレイはまだ子も入っていておいしゅうございました。
伊達黄金沖、ソウハチはこれからかもしれませんね。
なお。。。ヒラメは。。。乗船者、皆、B'zでございました。お粗末。coldsweats01


2017年6月 3日 (土)

ペニーレーン24に

釣りではなくて恐縮ですが。。。coldsweats01
最近、はまっているバンドのPENNY LANE24でのLive。
Dsc_0044_1_3
σ(^^)の整理券番号は591...(^^;
ライブは大盛況。happy02
え?何のバンド?
バンドはSCANDAL
今、日本で一番チケットが取れないバンドと言われています。coldsweats01

2017年5月 4日 (木)

GWはやみいさん+αと共に(2017年5月4日釣行)

2017_05_04_001
やみいさんから何度か釣行のお誘いをいただいたものの
悪天候に阻まれておりましたが、今回、やっとご一緒できました。happy02
場所は忍路からの船渡しによる磯場。
集合場所に着くと、やみいさんと初めまして。happy01
それと、なんと、前回せたなの先端にいらっしゃったのりぞーさんも。
挨拶もそこそこに船に乗り込み、磯場へ。
磯場へ着くと、やみいさんのご配慮により足場のよい磯場へ。
まだ、薄暗い中、実釣開始。

2017_05_04_002
朝日の中のやみいさん。
ん!なんか、カッコいいぞ!happy02

2017_05_04_003

右隣はのりぞーさん。
立ちこみ三脚で決めてます。
で、やみいさんのアドバスをもとにキャストすると、開始早々からあたりが!happy02
これもやみいさんアドバイスのもと手前30M前後の根掛かりに注意しながら
巻き上げると・・・

2017_05_04_004_2
マガレイのダブル!!!happy01
すごいぞ!やみいさんアドバイス!
で、右隣ののりぞーさんもσ(^^)を上回るペースであたりとマガレイをゲット!
あたりは頻繁にあり、前回の古平沖で釣ったカレイより良型。v(^^)
やみいさん、お誘いありがとうございます。(^人^)感謝♪
なかには。。。

2017_05_04_005なかなかのマガレイ!
2017_05_04_006なかなかのアブラコ(アイナメ)
σ(^^)の釣り座からはアブラコが頻繁にかかり、これが悩みの種に。
そう、アブラコがつくと仕掛けが絡まる。他の竿のラインと絡まる。
おまけにちょっと対応が遅れると、根に潜られる等々。
おかげでライン+仕掛けを何度もロスト。weep
途中、何度かやみいさん、のりぞーさんとお話をさせていただき、
釣りにプラスして楽しい時間が過ごせました。happy02
のりぞーさんは、また、せたな沖防波堤釣行を計画しているらしい。。。
やみいさんは、奥尻!。。。うらやましい気が。。。coldsweats01

2017_05_04_007_2のりぞーさんの釣果!お見事!パチ☆\\ ̄ー ̄)( ̄ー ̄//☆パチ
2017_05_04_008
で、σ(^^)の釣果。
マガレイ20枚。アブラコ(アイナメ)1。ホッケ1の釣果でございました。
やみいさん情報によると、先週も強風の中、釣果が良かったらしい。
今回、入釣した場所もそのデータに基づいての事。
釣果だけではなく、いろいろ楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ありがとうございました。
やみいさん、のりぞーさん。また、ご一緒させてください。m(_ _)m

2017年5月 1日 (月)

初の古平沖カレイ

2017_05_001_2
GWの前、宝進丸船長の奥様より、「カレイ釣り行きませんか。」
との入電。
平日ではありますが、二つ返事で「行きます!」(釣りバカですね。coldsweats01
古平沖でのカレイ釣りは初体験なので、期待がふくらみます。
2017_05_002_3
午前5時半過ぎに古平港を出港し、一路余市側へ。
2017_05_003_2船長がシーアンカーを下し、ろうそく岩沖で資源調査開始であります。
2017_05_004_2今回も登場!DRH(ドコデモロッドホルダー)
ですが、気付いたら皆さん電動リール。
んんん?なんで???
という疑問はすぐに消え去りました。ポイントの水深は40M...(^^;
どうりで。。。

天気予報では悪くなかったはずですが、波および雨。
おまけに。。。50号の錘が流されるという、潮の速さ。。。gawk
カレイ釣りの条件としては。。。(;^_^A
1時間ほど粘りますが、カレイのあたりはポツポツ。
「潮が速いから活船でやるから」と、シーアンカーをやめ
錘が定着するよう、船長が操船。
シーアンカーを使っていた時よりは仕掛けが安定しているためか
そこそこカレイのあたりが出始めます。
2017_05_0052017_05_006途中経過。。。
それなりのカレイは釣れますが、いかんせん、小型が主流。。。
あげてはリリースの繰り返し(;^_^A
時間が経過するつれ、潮もさらに速くなり、うねりも強くなってきて
カレイ釣りには悪条件が。。。
結局、沖あがりまで小型リリースの繰り返しgawkでした。
2017_05_009釣果はキープマガレイ20枚。もらったアブラコ(アイナメ)1。
リリースサイズは倍ありましたね。。。
なかなか厳しい状況でございました。
帰宅途中、気になっていた湯内漁港を覗いてきました。
2017_05_007沖防波堤の白灯台側にぽっかりとすき間がありますね。
今年の冬の波で完全に破壊されたのだとか。
2017_05_008_2蛸穴の岬側の防波堤は、柵が設置され「立ち入り禁止」の看板が!
ちょっと残念ですね。。。
さて、今回のカレイ達。小型が多かったのですが、
捌いてみて納得。オスがほとんどでした。
マガレイはメスのほうがサイズは大きいんですよね。
で、子持ちマガレイの釣果が落ちるとオスが増える。

子持ちマガレイのシーズンはそろそろ終了かもしれません。。。
















2017年4月29日 (土)

2017年起動inせたな沖防波堤(2017年04月28日釣行)

2017_04_28_001
諸事情によりなかなか釣行ができずにおりましたが、
2017年、いよいよ起動であります。
カレイの便りが続々と入ってくる中、やみいさんから4/16に
釣行のお誘いがあったのですが、天候不良により断念。weep
やみいさん、これに懲りず、またお誘いください。m(_ _)m
悶々としておりましたが、GW突入前にせたな沖堤釣行を決行!
午前3時過ぎ、まだ真っ暗な中せたな東沖防波堤に上陸
気温は4度と低めですが、せたなにしては風も弱く「今日はいけるのか?」
投げ竿を振る前に海にお神酒を注いで、爆釣祈願。
暗い中、ご一緒したFe氏はワームを使ってますが、反応はチビソイばかり。coldsweats01
午前4時を過ぎ、うっすら明るなるころから実釣開始。
2017_04_28_002_2σ(^^)はかれこれ投げ竿を振るのは2年ぶり!coldsweats01
さてさて、お神酒の効果はどれほど?
で、餌変えのためにリールを巻き上げると
2017_04_28_003_2画像に映る下の白い箇所は軍手の親指部分です。
どんだけ~~ミニやねん。coldsweats01
3月はせたな沖防波堤の釣果は良かったようですが、4月になってからは
天候が崩れる事が多かったためか、右隣に釣り座を構えたFe氏を含め
カレイ、ホッケのあたりは散発bearing
渡る前日の夕方から夜にかけても悪天候でしたからいちまつの不安が・・・shock
2017_04_28_004
サイズは40.5Cm。なかなか良い型です。お刺身サイズを捕獲できました。
上にキーホルダ。。。
σ(^^)はメーカDRE○○の回しものではありませんが
アプリを使うとスマホ上でサイズの計測ができるんですね。
その後はというと、40Cm前後のホッケを2本追加注文できましたが。。。
周りを含めカレイ、ホッケはポツラポツラ程度。catface
防波堤上部に釣り座を構えた慈英さんはマコカレイ46Cmの捕獲に成功!や
宇宙人捕獲失敗の若干の盛り上がりはありましたが、ほぼまったりムード。
2017_04_28_0052017_04_28_006午前8時を過ぎたころから、まったくの無風となり釣り人には絶好の釣り日和happy02
天気晴朗なれど海の魚たちには具合が悪いのでしょうか。
カレイはなかなか姿を見せず。crying
午前10時を過ぎからは、せたなおなじみの強風
そして波が立ち始めほぼ投げ釣りにならず。。。gawk
無念の沖あがりとなってしまいました。
さて、このりベンジはできるのか???coldsweats01

2016年8月 7日 (日)

古平沖。船イカ好釣? (2016年8月6日釣行)

2016_08_06_001_2

そろそろ、イカくコ:彡釣りにでも行きたいなあ~と画策していたところ、
古平寶進丸のおかみさんから「沖のイカ釣り、良くなってきたよ~」との連絡がhappy02
σ(^^)は、無論二つ返事で「乗ります!」
で、職場の釣り仲間を誘ってみましたが、この時期は皆様
ご予定がビッシリのようで、単独行動。。。
午後4時半が集合時刻だったので港には午後4時頃到着しましたが、
他の乗船者は既に集合済みcoldsweats01
みなさん、イカ釣りバカですねぇ~
2016_08_06_002
乗船した第八昇龍丸は午後5時頃、出港しサンセットクルージング(?)
をすること約2時間。
一度、シーアンカーを打ったはずが、すかさず船長が回収。(◎_◎) ン?
なにやら潮が悪いらしい。潮が速いのだとか。
さらに15分ほど移動して、午後7時頃から戦闘開始!
船長の指示タナは40M
さあ~、今回はイカが何杯釣れるか楽しみ!happy02
ところが!乗船者には全くイカのあたり無し。bearing
開始早々、暗雲が。。。
乗船者、全員黙々とイカのあたりを待ってひたすら糸を手繰ります。
2016_08_06_003
沈黙すること2時間。ようやくイカのあたりが出始めます。
この時期はイカの大きさがペンシルサイズからビール瓶サイズと
型はまちまちですが、結構、釣れ上がってきます。
2016_08_06_004_2
長靴のサイズは26CMですから、なかなかでしょ。
で、途中経過。
2016_08_06_005
ちょっと整列させてみました。
σ(^^)のはこんな感じですが、乗船のベテランはσ(^^)の上を行く
勢いで釣りまくります。coldsweats01
やる気のあるイカがいると、仕掛けが落ちて行く途中でフワッと軽くなることも。coldsweats01
途中、潮のかげんで右隣や反対側の人とおまつりもあって、
ロスタイムが激しかったのですが
沖あがりまで結構楽しめました。happy01
まあ~、釣果はいつものごとくですけど...(^^;;
2016_08_06_006
小さなイカもいましたが、ビール瓶サイズが4本ほどおりました。
あまり大きいと刺身にするには固いんですがね。
それは、一夜干しにでもしましょうか。
積丹方面の船イカ。さて、いつまで好釣が続くでしょうか。。。

«2016年の初釣りは苫小牧沖(2016年05月29日釣行)

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ウェブページ